東証急落、米中対立を警戒 ファーウェイ幹部の拘束が引き金

6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急落した。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)幹部の拘束が引き金となり、米国と中国の対立激化への警戒感が一気に広がった。終値は前日比417円71銭安……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社