清松総合鉄工、宇佐市(大分県)と防災協定 新社屋の屋上、津波時の避難所に

Hグレードの認定資格を持つ清松総合鉄工(本社・大分県宇佐市、社長・清松芳夫氏)は1日、地元の宇佐市との間で防災協定書の調印式を行った。昨年3月に竣工した新社屋の屋上を、津波の際に地元住民の一時避難場所……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社