龍馬が取り持つ品川区と高知県の縁 文化、観光、教育、産業で連携

高知県と品川区は江戸時代から縁が深い。土佐藩は1658年、現在の品川区立浜川中学校を中心としたエリアに下屋敷を構え、ペリーが再来航した1854年には立会川河口付近に浜川砲台を設置。坂本龍馬が砲台の警護にあたったとも言われている。また、第15代土佐藩主の山内容堂の墓所も品川区内にある。
土佐藩や龍馬にゆかりの深い品川区では、NHK大河ドラマの「龍馬伝」が放映された2010年に「二十歳の龍馬像」を北浜川児童遊園に建立。2015年には浜川砲台が新浜川公園に復元された。浜川砲台の警護に向かう龍馬が通っていたとされる立会川駅前の商店街名は「立会川龍馬通り繁栄会」となった。

高知県と品川区は9月7日、「品川区と高知県との連携に関する協定」を締結した。協定は歴史的な絆のもとに、文化や観光、産業、教育など幅広い分野で連携するもので、具体的な施策は今後協議を進めるが、明治維新から150年が経ち、龍馬で結ばれた両自治体の取り組みが始まる。

高知県の尾﨑正直知事は「品川区と土佐藩の歴史が取り持ってくれた協定を締結できてうれしく思う。新しい時代を切り開くような取り組みを品川区と展開したい。品川区は数々の集客力が見込めるイベントを行っている。まずは、イベントを通じて、高知県を知ってもらう機会を作っていきたい。」と語った。

濱野健品川区長は「歴史的な縁から今回の提携が実現した。高知県の人々にも品川を知ってもらいたい。東京五輪に向けて外国人観光客に品川と高知県をPRしたい」と語った。

協定の締結を記念して、品川区の立会川龍馬通り繁栄会では、高知県の「おきゃく」を開催。おきゃくは土佐弁で「宴会」を意味し、商店街の真ん中にテーブルと座席が並べられ、高知の酒などが振る舞われた。

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ルールが簡単で手軽に楽しめるパラスポーツ、ボッチャの愛好者が…

電動工具大手の「工機ホールディングス」(旧日立工機、前原修身…

「お弁当箱?」と思って木箱のふたを開けると、中には全国47都…

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのボランティア募…

地域の中小零細事業者や住民、その地区で働く勤労者が組合員とな…

東京湾の水をきれいにすることをコンセプトにした東京湾大感謝祭…

スポーツ

ラグビーの日本選手権を18大会ぶりに制した神戸製鋼のダン・カ…

スピードスケートで2月からの主要国際大会に出場する女子の高木…

19年の米野球殿堂入り投票で、史上初の満票を得て1年目で選出…

昨季は史上52人目の通算2000本安打を達成した福浦 ロッテ…

背番号「53」は古巣復帰となった五十嵐が ヤクルトは24日、…

プロ野球阪神は24日、原口文仁選手(26)が大腸がんと診断さ…

ビジネス

【パリ、ダボス共同】フランス自動車大手ルノーは24日、取締役…

近畿経済産業局は24日、ドローンのように飛行して人を運べる「…

住友重機械工業は24日、同社と子会社3社で計288件の検査不…

 タカラトミー(東京都葛飾区)は、鉄道玩具「プラレール」が今…

 発注業務で業者比較ができる見積もり・発注サービスサイト「比…

 MS&Consulting(東京都中央区)は、顧客管理(C…

地域

北海道宅地建物取引業協会室蘭支部(片岡雄也支部長)は23日、…

東根市の初夏の風物詩「果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会…

小国町で食品スーパー「ショッピングモールエコー」とガソリンス…

オリオンビールが23日、マネジメント・バイアウト(MBO)方…

住友商事グループが南相馬市原町区に建設した「南相馬原町東太陽…

県は二十三日、マレーシアで二十五日から新たに県産無洗米のコシ…

政治・国際

衛藤晟一首相補佐官は24日、東京都内で開かれた共同通信加盟社…

鈴木宗男元衆院議員は24日、東京都内で開かれた共同通信加盟社…

イオンとセブン&アイ・ホールディングスの大手流通2社は24日…

【バンコク共同】タイで軍事政権から民政移管するための下院総選…

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設につ…

西日本豪雨の被災地・岡山県倉敷市真備町地区に根を下ろしボラン…
株式会社共同通信社