東証、午前終値2万2827円 円安で買い優勢

15日午前の東京株式市場は、外国為替市場で円安ドル高が進んだことを好感して買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は反発した。欧州中央銀行(ECB)が金融緩和政策を緩やかなペースで縮小させるとの……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社