バンクオブザイヤーに滋賀銀行 中小企業のM&Aに尽力した地銀表彰

 中堅・中小企業の合併・買収(M&A)を仲介する日本M&Aセンター(東京都千代田区)は6月5日、全国金融M&A研究会「第6回バンクオブザイヤー」表彰式を、東京都内のホテルで開催した。バンクオブザイヤーには滋賀銀行(大津市)が選ばれた。

 全国の企業で後継者不足から事業承継が難しくなる中、地方創生の鍵は地元企業の存続と発展に懸かっている、との共通認識から、日本M&Aセンターと全国の地方銀行が協業し、M&Aに取り組んでいる。

 この日の表彰式では、M&Aに対し顕著な実績や事例、地域貢献をした地銀を表彰し、「バンカーオブザイヤー」「ディールオブザイヤー」「情報開発大賞」「特別賞」など各賞が発表された。全国7エリアで受託件数や成約件数、成約案件の譲渡側従業員数などの各指数で、最も地域に貢献した提携行に授与する「地域貢献大賞」は北から、北海道銀行、千葉興業銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、滋賀銀行、四国銀行、宮崎銀行がそれぞれ受賞。その中で、最大の実績を上げた「バンクオブザイヤー」には、滋賀銀行が選ばれた。

 受賞した滋賀銀行の高橋祥二郎頭取は、「事業承継問題は多くの中小企業の課題であり、地域社会全体の課題でもある。受賞を機に、さらに社会の課題解決型ビジネスに注力したい」と話した。

 表彰式の前に開会のあいさつをした、日本M&Aセンターの三宅卓社長は、2015年に403万社あった企業が、2025年は320万社に減るとの財務省による推計を紹介し、日本の将来見通しを憂慮した。さらに「企業は自然のまま任せていると、成長カーブが緩やかになる。しかし今後は、人口や就業人口の激減で、緩やかどころか、90%の企業はだらだらと業績が下がるのではないか。そこで、レバレッジ戦略が重要になる。一つ目は相乗効果のある会社を買収して成長する。二つ目は相乗効果のある中堅大手に買収してもらい、パートナーとして成長する。三つ目はファンドの傘下に入り、ヒト、モノ、カネ、信用を得て成長する。求められるのは、レバレッジ戦略の仲介と成功だ。合併したが、企業文化がうまく融合しなかったり、相乗効果が出なかったりすることのないよう、確実に成功に導きたい。そのためにわれわれはM&Aの総合企業を目指している」と強調した。

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

 デジタル化が既存の価値のありようを変えている、あるいは破壊…

 1948年、病のため36歳の若さでこの世を去った、画家の松…

 選挙には行かないが、レビュー(評論)やレピュテーション(評…

小野建(社長・小野建氏)は、関西を中心に鋼材倉庫や加工設備の…

 今年は明治維新150年に当たることから、碁の世界で最も歴史…

大和合金は2019年からメキシコで預託在庫サービスを始める。…

スポーツ

来季J2に降格する柏は13日、2011年にチームをJ1優勝に…

日本プロゴルフ協会のPGA資格認定プロテスト合格者を対象に、…

2018年も多くのドラマが生まれた国内女子ツアー。今となって…

キャッシュマンGM強気「我々は完全戦闘モードのデススター」 …

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」を終え、幕を…

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズン…

ビジネス

三菱重工業は13日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リー…

【ニューヨーク共同】中国を代表するIT大手、騰訊控股(テンセ…

総合リサイクルの平林金属(本社・岡山市、社長・平林実氏)は古…

チタンなど高級金属を主体とする受託加工型コイルセンターの光メ…

溶接機や産業機械の輸入・設計製作・販売を手掛ける愛知産業(本…

古賀オール(本社・東京都中央区日本橋小伝馬町、社長・古畑勝茂…

地域

西日本豪雨を受けた気象庁の防災気象情報と自治体の避難情報の連…

三陸沖で操業中の巻き網船団による八戸港への水揚げは、例年だと…

宮古島などでリゾートホテルやゴルフ場経営などを展開するユニマ…

在留資格新設で外国人労働者受け入れを拡大する改正入管難民法が…

JR東海は12日、2022年度の量産車投入を目指す特急ひだの…

那覇空港ビルディング(那覇市、兼島規社長)は12日、国内線と…

政治・国際

内閣府は13日、有識者らでつくる景気動向指数研究会(座長・吉…

【リオデジャネイロ共同】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容…

【ロンドン共同】英国の与党、保守党は12日夜、メイ首相に対す…

政府は、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の基本概念を…

【ニューヨーク共同】カナダのフリーランド外相は12日の記者会…

【台北共同】台湾で5月に発足した政府系シンクタンク「国防安全…
株式会社共同通信社