さえぎるものが何もない開放的な「混浴野天風呂」=栃木県那須塩原市の三斗小屋温泉、2017年7月

【コラム:おんせん! オンセン! 温泉!】三斗小屋温泉 煙草屋旅館

 行楽の秋を迎えました。この時季の晴れた日は、快適です。10月から、「Go To トラベル」キャンペーンに東京都が追加されたこともあり、満を持して、旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。この季節の行楽は、登山も人気です。開放的で空気の澄んだ大自然の中であれば、ある程度「密」を避けて楽しめることもあり、例年以上に注目されている感があります。

 登山の後は、温泉でゆっくり疲れを癒したいものです。登山好きの中には、温泉好きも多く、この二つをセットで楽しめれば最高ですよね。山あいには数多くの温泉地がありますが、今回は、その中でも登山をしないと入れない“山小屋温泉”の一つ、栃木県の「三斗小屋(さんどごや)温泉」をご紹介します。

大自然を全身で感じられる登山道

 「三斗小屋温泉」は、栃木県・那須高原温泉郷の最奥地に湧く温泉です。日本百名山の一つに数えられる「茶臼岳」の北西に位置します。温泉までのルートはいくつかありますが、最短でも約2時間の山歩きが必要です。登山初心者向きのコースは、比較的アップダウンが少なく、それほどきつくありません。とはいえ、茶臼岳の登山道を歩くため、トレッキング以上の装備が不可欠になります。

山の緑に溶け込む「煙草屋旅館」の外観

 最短の初心者コースで温泉に向かうと、終盤、平坦で緑生い茂る森林地帯を歩きます。その道を抜けると、パーっと景色が開け、木造の建物が突然現れます。現在は、2軒の山小屋が営業しています。携帯電話もつながらない、郵便も届かない、本物の秘湯で、4月下旬から11月下旬にかけての期間限定で、営業しています。

 今回お世話になった「煙草屋旅館」は、山の緑と調和する木造の山小屋旅館です。都会と一線を画す雰囲気は、100年前にタイムスリップしたかのような、ノスタルジックな気分にさせてくれます。

木造の風情ある「混浴共同浴場」

 「煙草屋旅館」には、内湯の混浴共同浴場と女性専用浴場、宿から少し歩いたところにある混浴の野天風呂と、三つお風呂があります。それぞれ源泉が異なり、お湯の違いを楽しむことができるのも魅力です。混浴のお風呂は、どちらも女性専用の時間帯も設けてあり、混浴に抵抗のある方でも安心です。

 内湯の混浴共同浴場は、木の温もりがやわらかく、大きな窓から陽の光が差し込む、素朴でひなびた雰囲気です。東北の温泉地にありそうな、「湯治場」のような風情があります。7、8人ほどが入れそうな湯船には、ちょうどいい温度の源泉が、そのままかけ流されています。泉質は、単純温泉で、無色透明で癖がなく、優しい浴感は、山歩きで疲労した体に、ジワっと染み込み、ゆっくりと癒されていくのを実感できます。

 野天風呂は、建物から外に出て、少し歩いた高台にあります。山奥のため、目隠し用の壁や柵がなく、圧巻の開放感です。晴れていれば、遠く福島の会津駒ケ岳まで見渡せ、夜は満天の星空を望むことができます。

 お湯は、内湯と同じ単純温泉という泉質名ですが、源泉が異なるため、特徴も異なります。こちらは、熱めの湯温に、少し黄色がかっていて、なめると酸っぱくて刺激的です。那須の絶景とともに、シャキッとした湯浴みを堪能することができます。

シンプルかつ栄養満点の夕食

 宿泊は、素泊まりと2食付きのプランがあります。山小屋らしく、夕食が午後4時半で、9時消灯、朝食は午前6時半というスケジュールです。

 食事は、よくある温泉旅館のような豪華なものではなく、山小屋らしい、素朴でシンプルな料理です。登山の疲れを癒すため、栄養バランスがしっかり考えられたメニューは、五臓六腑に染み渡るおいしさです。

登山でしか行けないからこそ体感できる「非日常空間」

 1142年に発見されたという「三斗小屋温泉」。最盛期の明治時代には5軒あった山小屋も、今は「煙草屋旅館」と「大黒屋」の2軒を残す、静かな温泉地となっています。しかし今でも、営業している期間は、多くの登山客で予約が取れないほどのにぎわいを見せています。

 これからのシーズンは、紅葉を楽しみながら、朝日岳や茶臼岳の登山を楽しんだ後に、温泉を訪れるもよし。温泉目当てで、早めにチェックインしてお風呂巡りをするもよし。たどり着くまで最短で2時間と、簡単に行ける温泉ではありませんが、そこには日常では決して味わえない、素晴らしい世界が待っています。

【三斗小屋温泉 煙草屋旅館】

住所 栃木県那須塩原市板室910

電話番号 090-8589-2048

URL https://www.tabakoyaryokan.com

【泉質】

単純温泉(低張性 中性 高温泉)/泉温45.6度/pH:6.4/湧出状況:自然湧出/湧出量:6.75リットル/加水:なし/加温:なし/循環:なし/消毒:なし ★完全掛け流し

【筆者略歴】

小松 歩(こまつ あゆむ) 東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター★)、温泉入浴指導員、温泉観光実践士。 交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床での車中、ヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は2000以上。好きな温泉は草津温泉、古遠部温泉(青森県)。

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

NY円、104円後半

【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク外国為替市場の円相場…

NY円、104円後半

【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク外国為替市場の円相場…

地域

政治・国際

株式会社共同通信社