120年ぶり、社殿の銅板屋根をふき替え 加須・玉敷神社が「平成の大改修」、新屋根の下で神楽奉納

埼玉県加須市騎西の玉敷神社(宮内由紀子宮司)が、「平成の大改修」で120年ぶりに社殿の銅板屋根をふき替えた。かやぶき屋根が特徴の神楽殿も16年ぶりに屋根がふき替えられ、1日、祝賀ムードの中で玉敷神社神……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社