19年産米の「生産の目安」、増加試算 本県、1000~1万2000トン上回る

本県の水田農業の在り方などを検討する県米政策推進会議が26日、山形市の県自治会館で開かれ、2019年産主食用米の「生産の目安」(県全体)のたたき台として、18年の生産量を千~1万2千トン上回る規模で設……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社