スイス・ダボスで災害危機管理シンポ 啓発や教育の重要性議論

スイス・ダボス市の「災害危機管理に関する国際シンポジウム」では、東日本大震災から7年8カ月が経過した被災地の伝承活動が高い関心を集め、世界各地で頻発する災害の啓発活動や防災教育の重要性が議論された。 ……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社