【西日本豪雨】<いのちを守る>土砂崩れ前兆、臭い検知 広島市立大院教授がシステム考案

土砂災害の前兆現象である臭いを検知し、周辺住民に危険性を伝えるシステムの開発を広島市立大大学院(安佐南区)の西正博教授(情報工学)が進めている。西日本豪雨では避難の遅れが被害拡大につながった。住民が避……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社