<東北農業景況>18年上半期11.2ポイント悪化 販売単価低下響く 17年通期比(11/6)

日本政策金融公庫(日本公庫)は、2018年上半期の東北の農業景況調査結果をまとめた。景況動向指数(DI)は6.2で、17年通期から11.2ポイント悪化した。販売単価の低下や生産コスト上昇が影響した。 ……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社