高水準続く、県内求人1.67倍 9月の正社員は1.13倍

山形労働局が30日に発表した9月の県内雇用情勢によると、有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント低下の1.67倍だった。4カ月ぶりに低下したものの、4カ月連続で1.6倍台の高水準が続いている……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社