専用の宿泊税支払機を開発 京都、フロントの負担軽減

10月1日から京都市が始める宿泊税の課税を前に、ホテル運営や建築設計を手掛けるアーキエムズ(中京区)が、専用の支払機を開発した。市内の宿泊施設や宿泊税を導入している他府県の施設に有料で貸し出す。 市は……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社