日本気象協会 APUで霧発生調査 ドローン使い、予測構築

日本気象協会(東京都)は、ドローン(小型無人機)を使って霧が発生・消散するメカニズムを解析する調査を別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)で始めた。周辺の高速道路は霧で通行止めになる時間が全国で最も……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社