地震の影響で鶴見岳山腹の地表むき出し ヘリで種まき、緑化作戦進む

2016年4月に発生した熊本・大分地震の影響で、山腹の地表がむき出しになった別府市の鶴見岳一帯を緑化する国と県の工事が進んでいる。ヘリコプターで上空から草木の種をまく「航空実播(じっぱん)(緑化)工」……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社