がん温熱療法を支援 超音波ロボットアーム開発/八高専・井関准教授

八戸高専の井関祐也准教授(30)=医工学=が、がんの温熱療法をサポートするロボットアームの試作機を開発した。医療現場での活用が実現すれば、超音波を使って患部付近の温度をより正確に計測し、効果的にがん細……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

NY株、一時100ドル超高

【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株…

スポーツ

株式会社共同通信社