関東鉄道 最先端バス2台導入 自動変速安全装備 運転士の負担軽減

関東鉄道(土浦市真鍋、松上英一郎社長)は運行する高速バス路線に、最先端の安全性や燃費性能を備えた車両2台を導入した。自動変速のため、シフト操作がないなど運転士の疲労や負担を減らせるのが特徴。水戸-東京……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社