アルコール消費量減少 若者「ビール苦手」 飲食店 嗜好意識し多種類用意

関東一の酒造数を誇る茨城県だが、アルコール消費量は年々、減少傾向にある。国税庁によると、2016年度の県民1人当たりのアルコール消費量は68・0リットルで、10年前の06年度と比べると約5・5リットル……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社