受注高減が震災後最大 2017年度県内建設工事 前年度比11.9%減

建設業振興の指針となる二〇一七(平成二十九)年度の県内の建設工事受注高は七千八百六十七億六千七百万円で前年度より千六十五億一千七百万円、11・9%減と二年ぶりに減少した。被災したインフラの復旧や被災者……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社