行田総合病院、最新の血管撮影装置を導入 造影剤や被ばく量を低減、患者の負担少なく 安全性も向上

血管内治療が注目を集めている。脳や心臓、大血管、肝臓、消化器、泌尿器などの病気に対しての治療法は、全身麻酔を使い体にメスを入れる外科的治療が主流だが、血管撮影システムの進歩に伴い患者の負担が少なくて済……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社