被害把握へ先遣隊 鳥取県、8人を現地派遣

大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震を受け、鳥取県は18日、被害状況を把握するため、先遣隊8人を現地に向かわせた。被災地の建物や宅地の危険度判定を実施することを想定して大阪、京都両府に派遣したほか……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社