大きくなって戻ってこい!ウナギ稚魚を放流 下筑後川漁協

絶滅危惧種に指定されているニホンウナギを守ろうと、稚魚の放流が29日、佐賀県や福岡県の筑後川水系7カ所であった。下筑後川漁協(原口勝良組合長、約160人)の組合員12人が、大きく育つことを願いながら稚……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社